信頼できる不動産

不動産投資は優良な資産運用だと言われていますが、必ずしも成功するわけではないということは知っておいた方が良いでしょう。
不動産投資は、売却して利益を得る方法と他人に貸して家賃収入を得る方法の2つに分類されますが、とりわけ家賃収入を得る方法の方がおいしいとされています。
なぜなら、長期間にわたって安定した収入が得られるからです。
但し、それは借主がいればこそ成立する話です。
借主がいなければ当然、収入を得ることはできませんから、まったく意味がない不動産投資となってしまいます。
それどころか、固定資産税等は納めなければなりませんから、逆に不動産投資をしたことが負担になってしまうのです。
ですから、借主が見つかる魅力的な物件を所有していなければならないのです。

ただ、魅力的な物件であったとしても、絶対に借主が見つかるとは限らないものです。運悪く、借主が見つからないという可能性は否定できないのです。
しかし、この問題の解決策はあります。1つしか貸せる部屋を所有していないから、借主が見つからないリスクがあるのです。
ですから、複数の部屋を所有していれば、リスクは軽減されることになります。そして、部屋数が多ければ多いほど、リスクはゼロに近くなります。
但し、そうなると資金を多く用意しなければならないという問題が発生してしまいます。しかし、その問題も解決可能です。
安い中古物件に狙いを定めれば良いのです。中には、信じられないほどの安い価格で、丸々1棟売りに出されている中古マンションがあります。
丸々1棟購入してマンション経営をすれば、管理も楽になります。もちろん、安いことには、それなりの理由があるのでしょう。
ただ、そういった物件であってもリノベーションを施せば蘇ります。リノベーション物件は、現在、人気がありますから、借主が見つからないという心配はしないで済むでしょう。